• トップ /
  • 工業製品は不良率が高いと

工業では歩留まり率を重視する

工業製品を作る過程において、歩留まり率というのを気にします。歩留まり率とは、生産する際に度のくらいの不良率が出るか計算し、この数字を差し引いた数の率のことを言います。生産計画をあらかじめ決めて、これに対してどれくらい良品が上がるかがわかるのです。工業は大量生産するため、ある程度の歩留まり率向上を目指して稼働します。もし不良率が上がれば歩留まり率はさがるので、人件費などのコスト面にも影響が出てくるので、無駄な作業が多いということがわかります。このため、良品をたくさんあげるために原因をいち早く見極めて慎重に作業をする必要があります。

男性

生産している会社で働くには

工業製品を生産している会社で働きたい時は、安定所の求人票を調べる、新聞の折込チラシを見るなどのやり方があります。安定所の求人票で、工業勤務の仕事があるかを丁寧に調べると見つけることができます。ない場合は、受付にパソコンで調べてもらうといいです。見つかった際は、受付にお願いすれば面接の手続きをしてもらえます。日曜日になると新聞の折込チラシに求人に関する広告が入ることがあります。応募をする時は、履歴書に必要事項を書き込んでから連絡を入れましょう。ただ、日曜日に連絡を入れると、会話ができない場合があるので注意です。日曜日は休みの場合が多いため、月曜日に電話をかけるといいです。

↑PAGE TOP